もう23年①

毎年、3月11日になると思い出してしまう風景があります。

もう23年前か。

あっという間。

いやそうでもないか。


当時、奇しくもこの日は

東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻の入学試験でした。

もうひとつの311。

懐かしみながら、内容のないことを長々と記してみようと思います。


上野公園にある東京藝大校舎の最寄り駅は、当時、京成電鉄の博物館動物園駅でした。

大学のほぼ目の前に駅の入り口がありましたので、当時千葉在住の私はそこから試験会場へ。実はこの駅、各駅停車しか止まらず、しかも4両分のホーム。試験当日の朝、私の乗っていた車両の扉が開き、降りようとするもそこにはホームがない。発信ベルが鳴り出し、やっと事を理解した私は画材を持って隣の車両まで猛ダッシュ。

息切れから始まった試験当日の朝でした。 


東京藝大周辺も今のような、喫茶店やバス、ATMなどというものはなく、人通りも少ない場所でした。

たとえ晴れていても、後に思い返すと曇天模様の空に置き換わる、そんな風景でした。

通りを挟み、美術学部と音楽学部の正門は向かい合っていますが、当時は美術学部の門も立派な木製の門でした。今は金属製。東京藝術大学美術館が建っているところには、木造平屋の大きな食堂がありました。 


私は息切れしながらその脇を通り、集合場所へ向かったのであります。