友部正人

言葉の一粒ひとつぶが

意味のないようで

意味のあるようで

それが風景になる唄人。


どうして旅に出なかった




どうして旅に出なかったんだ

坊や




旅が何を指しているのだろう。

アイツと俺とお前が出てきて

誰かが旅にでて

誰かが旅に出ない。

それが仲間を壊して

日が暮れてゆく。

そんな感じに聞こえます。

大人になることかもしれないし

貫くことかもしれないし

それぞれのことかもしれない

旅。



どうして旅に出なかったんだ

坊や

あんなに行きたがっていたじゃないか





開いてるドアから失礼しますよ


開いてるドアから失礼しますよ




ずっとおなじマンドリンのリフに

魅力的な歌詞が繋がって

私には何故か

中央線沿いの風景が浮かぶ。

私には何故か

深い夕暮れが浮かぶ。

この曲全体の雰囲気が

たまらない





吐息はズボンさ

夜風は電車さ

・・・


僕は旅する日本人

小さな喫茶店で

ひとやすみ