· 

魔女から一発

自分のためにメモを残そう。

ギックリ腰。


職業柄

朝から晩までほぼ毎日

胡座をかいて

下だけを見ているから

描けない日々は

死んでいるのと変わらない。

二発目を喰らった時のために

発症からその経過

非常に効いたストレッチを

書き記しておこうと思います。

初日

外の気温はマイナス2度。

それは富士山に向かう道中で起きた。

2時間、半凍結の峠道を運転し

コンビニで車から降りたとき

右腰を確かに音が走った感覚。

そのまま目的地へ向かいなんとか作業していたが

帰宅し風呂に入れば治るだろうと高を括っていた。

寝る頃には痛みが腰全体へ。

後で知るが、風呂はだめ!

急性は

まず冷やすこと!

捻挫等も同じで

中の筋がズタズタに傷ついている時は

先ず冷やすこと。

四日目あたりから温めた。



1日目

床に座れないが描いてみる。

全く仕事にならない。

画面に届かない。

腰というか身体が曲がらない。

諦めて何とか歩いて買い物へ。

徐々に歩くのもキツくなり療養用のカレーを作り終えた頃から更に痛みが増す。

死にそうだ。



2日目

全く動けない。

ベッドから立つのにも一苦労。

身体を落とすようにして立つ。腰に力が入らない。

寝る。

死んでいるようだ。


3日目

寝返りが僅かに打てた。

寝ているだけで痛い。

相変わらず身体は曲がらないので靴下が履けない。

痛みが右側に動いた感じ。

寝るしかない。

死んでいるようだ。


4日目

少し歩けた。

調子に乗せて

ガードナーベルトを巻いて

コーヒーを入れ

正座で5時間描いてみる。

休み休み。

腰バンドとガードナーをダブル巻きして車で買い物。

落ちた箸が拾えない。

ストーブが付けられない。

あぐらはかけない。

布団に電気アンカを入れる。

生き返った。


5日目

変わらず痛い。

何とか生きる。


6日目

変わらず痛い。

ストレッチしてみるがあまり気持ちよくない。

何とか生きる。


7日目

制作後は間違いなく悪化している。

休む。

朝湯船につかり、安静。

胸に枕を入れてうつ伏せ。

死んでいるようだ。


13日目

腰よりも右臀部の筋肉が痛くなる。

一通りの動きはできるが

たまにズキっとする。

一日3回以上

2.3時間おきのストレッチで

痛みが一時的に和らぐ

生きている気がする。



14日目

箔押し400枚敢行。

背中がガチガチ。

風呂上がりにストレッチ。

生きていたが死んだ。



30日目

ストレッチは継続。

絵の乾き待ちと寝る前。

ほぼ制作に支障なし。

まだ以前の半分の時間で腰の真ん中が痛む。

私は生きている。



35日目

朝起きたら右側の腰が非常に痛い。

連日の作業、風邪気味が二日続き、気温差が激しいことなどが原因か。

電気アンカで腰を温めて横になる。

生きている。



75日目

再度富士山へ。

重いものを持ったからか

翌日からかなり痛む。

制作中、筆を取ろうと腕を伸ばす

嫌なあの音が走る。

すぐにアイシングして制作。

翌日どうなるか。

死ぬかもしれない。


76日目

悪化なし。

右臀部に痛みしびれが出る。

私は生きている。


90日目

初めてどこも痛くない時がある。

ストレッチは2日に一度。

タオルを使うストレッチが特に効いている。

みなぎる生命力。



105日目

脇腹、背中の皮膚がゾワゾワする。

風邪か?

腰はたまに洗い物などで痛い時がある。

痛みは腰中央。

フィットネスバイクを10分取り入れる。

生きている。


現在(115日目)

痛みは稀。

重いものやちょっとした動きにも

膝を曲げたり

ゆっくりと行うよう意識する。

ストレッチは2日に一度。

フィットネスバイクと交互に。

もう死にたくないの。







最後にストレッチをメモ。

文面で再現できるか

自信はない。


動作は全て30/秒または回


仰向けになり

両膝立て片膝引き寄せ(左右)

両膝倒し(左、右、左右)

片膝立て足首を乗せ引き寄せ(左右)

両膝立て、片足を垂直に伸ばす(左右)

両膝伸ばし、片足足裏にタオルを回し両手で持つ。垂直、90度倒し。(右、左、左右)


卍座りし前屈

片足伸ばし腿に足裏をあて前屈。

足首傾け左、右。

真横になり片足踵引き寄せ、引き離し

真横から両腕で上半身起こし(骨盤やや前傾)




魔女は

宅急便だけにして。

更新

5月25日

歳時記 寿司

 

 


展示中の作品




当サイトのcookieポリシーについてはこちら