· 

急がばまわれ

 

こんな世界を経験することも

なかなかないので

最近までの私を

書いてみます。

 

今年の春も

昨年と変わらない世の中なので

色々なことはあきらめて

制作をしています。

ほどよく目が霞み

疲れた頃に日が暮れます。

未だ

この状況の楽しみ方を見つけたかな

という程度です。

雨の日が好きだったのは一昨年までで

今は不思議と

憂鬱なだけです。

私は学生の頃から

働きながら制作をしてきました。

こんなに時間がある月日を過ごすことに

なかなか慣れず

20年繰り返してきた習慣は

そう簡単には

この肌身から離れてくれませんでした。

 

人に会うことも憚られるこの状況も

どう捉えたらよいのか

だいぶ時間がかかりました。

 

 

決まった時間の電車に駆け込むこともなく

急いで立ち食い蕎麦を啜ることもなく

ああしようこうしようを

1日の中に詰め込む必要もない。

 

解っているのに夢の中で大遅刻したり

失敗したりしてました。

急かしながら動いていた

身体のリズムがなかなかゆっくりしてくれないから

やたらと

湯船に浸かってた気がします。

 

 

 

 

釣りも覚え

描く世界が広がりました。

得意料理のレシピが増えました。

絵を描き楽器を弾き

ゲームもしました。

画面越しに人と仕事も

できるようになりました。

 

今まで出来なかったことに

挑戦しながら

徐々に落ち着けてゆくような感じの

一年間を過ごしました。

 

そうして

今年の春を迎えました。

 

 

朝、目が覚めると

鳴いている鳥の声が大きく聞こえて

太陽が眩しく感じられます。

まだどこかに隠れている

急かす自分にゆっくりコーヒーをいれて

窓の外を見ていると

なんとなく1日が始まります。

 

そうやって月日を積み重ねていると

一週間がやたらと長いことに気がつきます。

 

 

もしかしたら

時間は

贅沢に扱うほど

延びてゆくのかもな

なんてことを考えています。

 

今日は雨か。