· 

丸一年

12月31日。

ブログを振り返り読んでいると

何気ない日常が広がっていて

今の状況と照らし合わせてしまいます。

風邪をひいたときに

健康について考え

心から後悔しながら振り返る時と

同じ心境です。


丸一年

世の中は新型コロナが席巻し

最近では最新型コロナの話題も出る始末。

一体どんな形で終わりを迎えるのだろうか

今のところ全く想像がつかないからか

世の中が疲弊しています。

混沌としているとも言うのかな。


風邪をひくと

鼻水が出てくしゃみをします。

頭も喉も痛い。

近くに風邪気味の人がいたり

長時間身体が冷えたとき

風邪をひいていました。


こんな症状が出たら

栄養満点の食事をして

総合感冒薬を二錠飲み

早く寝ます。

だいたい3日ほどで良くなりました。


でもこれは私の風邪の記憶で

少し喉が痛いだけの人

ひいているけど何もない人

肺炎を併発し亡くなる人。

あまり意識したことがなかったけれど

新型コロナと同じように

人によって症状が違っていました。

重い人から無症状の人まで。




では、なんでこんなに

世の中が混沌としているのだろうか。

毎日考えています。


私は冬と夏二回

インフルエンザに罹ったことがあります。

夏は医者に笑われました。

イナビルのおかげですぐ症状は消え

一週間の自宅待機でした。


風邪もインフルエンザも

季節によって流行にムラがありますが

この新型コロナは

世界中で年中無休。

処方できる薬もありません。


人は

何か症状が出たら

病院に行く

薬を飲む

よく休む

治るのを待つ

これしかできません。



新型コロナの症状

出ている人

病院に増えている

突然重症化する人もいる

病院がパンパンになりそう

これ以上

新型コロナの症状のある人

増やしてはいけないと

接種者・感染者を探す

隔離・待機してもらう

蔓延を防いで

医療崩壊を防ぐ


これが世界的に起きているから

経済も含めて

これが混沌としている原因でしょうか。



私の頭の中では

この方法ではもう出口がありません。

あれだけ毎年猛威を奮った

インフルエンザもなくなり

風邪も見なくなるほど

みんなが手を洗い

うがいをして

マスクをしています。

それでも陽性者は

減りません。

感染経路も追えていません。


全員がPCRを受ける

陰性はそのまま生活

陽性は二週間自宅待機

症状が出ても

よく休み

治るのを待つ

重症化(稀)

病院へ


残念ながらこれには

命の選択も伴うかもしれません。

高齢者や持病のある人には

酷かもしれません。

間に合わない事例もあるでしょう。


でも

これしかないと思えるのです。

世の中が止まっても

コロナは消滅していません。

お店が潰れても

仕事を失っても

コロナは消滅しません。




「風邪なんか寝りゃ治る」

亡くなった人も治る人もいました。

インフルエンザの高熱は本当に辛いです。

後遺症の事例も多々あります。



なにかを逆に回転させなければ

好転には向かわない。

そんな状況に思えて仕方がないのです。



無論

こんな一年にならずとも

自然に終息してくれたらと思いますが。

 


今年は色々なことを始めることもでき

本当に充実した一年でした。

皆さんも

お身体には気をつけて

良いお年を。

そして

明けましておめでとう。