· 

気象メモ?(前期)

久しぶりにブログを書いています。

今年の元旦に書いて以来

忙しさで後回し

・・・

ではありません。


何しろここまで

色んな事が起きすぎて

頭の中と言いますか

収拾がつかなくなっておりました。


昨年末大晦日が20℃あった時

気になった天気をメモしていこうと

決めましたが

起きたことを付け加えながらの

気象メモ(前期)を読み返すと

もはや天気の話では

なくなっていました。

リアルなので

ここに記します。


 


2019年

12月30日 

気温21度

完全に拍子抜けの暖かさ。

鍋やそばよりも、タコスとコーラ。


2020年

1月14日 

庭のふきのとうが既に立ち始める。

例年であれば2月1日頃のはず。

この日

新型コロナ国内初感染者が出る。

オリンピック延期じゃないのかな。


1月29日

19度

まだ雪が降らない。

暖かいので膠が固まらず

制作はしやすい。

国内新型コロナ感染者が8人。

なんだか嫌な予感がする。


2月4日 

19度

郷さくら美術館の

桜花賞展受賞の知らせが届く。

今年一年の予定を立てるも

次の仕事の話が舞い込む。


2月9日 

1度

初の真冬。雪がちらつく。

寒暖差が激しく、少し鼻声になる。

入試真っ最中。

中止にならないか心配。

場所によって

マスクが売り切れはじめる。


2月14日 

南極で20.75℃の報道がある。

誤報とのニュースもあり

本当かどうかわからないまま。

原宿はいつも通りの人。


2月17日 

新型コロナ国内初の死者がでる。

Twitter上に感染者数が流れ始める。

最低気温は5℃を下回らない。

原宿の観光客が

少なくなってきた気がする。


3月2日 

最高気温6度

全国の小中高校が春休みまで

休校になる。

退職した後に使う制作道具を

買い揃え始める。

職場から全ての私物を引き払う。

観光客がホントに減った。


3月10日 

最高気温17度

野山で山菜を探す。

まだ早かった。

株価が下がり続け20,000を割る。

イタリアの感染が韓国を抜く。

なんだか世界中のニュースを

取り上げ騒ぎ始める。

マスクは売り切れ続出。


3月14日 

東京3度

みぞれが混じる。突然寒くなる。

昼下がり銀座で会食。

人通りはわずかに少ない程度。

アメリカが国家非常事態宣言発令。

ダウが2,000ドルで上下した

一週間だった。


3月19日

東京22度

桜はちらほら咲いてきているが

世界中で非常事態宣言。

日本のスピードが遅い気がする。

とんでもないことになりそうな気配。

海や山で旬のものを採集。


3月23日

東京夜小雪予想。

引きこもり制作はじまる。


3月24日

東京五輪延期発表。遅い。

目黒川沿いは人でいっぱい。

一通り展示を見て

最後の飲み会。


3月29日 

昨夜から気温が一挙に20℃近く下がり

都心は午前中5㎝の雪予報。

この時期では

51年ぶりの観測とのこと。

日本の新型コロナ感染は

1日200人を越えている。


4月4日 

21度

春らしい春。ソメイヨシノ満開。

1日の日本の感染者が340人を越えた。

東京の1日感染者数は118人。

お花見の自粛を呼びかける

上野公園のニュース。


4月7日 

最低気温8度

まだ肌寒い。

日本も一都七県で緊急事態宣言発令。

一気に自粛ムードだが、この辺は特に変わらず。 


4月17日

 全国に緊急事態宣言。


4月18日 

夜中から豪雨。台風並み。

国内の新型コロナ感染者は

9000人を越えた。


4月30日 

23度

夏日。

記者会見では非常事態宣言の

延長を宣言。

学校の9月新年度案が議論されている。




半年後

世の中は

どうなっているのやら。。。

気象メモ(後期)へつづく。