国語


僕が好きだった科目は理科や算数。

国語

特に現代文ではいつも

を喰らっていました。


登場人物になりきって

その主人公の人生を

全身で感じ

頭から足の先まで生りきれば

解けるものと

本気で思っていました。


でも一向に貰えない

⭕。


国語が苦手ということは

人の気持ちがわからないこと

思うようになりました。


 いつだったか

現代文にも解き方があるんだ

と聞いたとき

なぜだか

とてつもなく

虚しい気持ちになりました。


時は過ぎ

大きな壁に直面し途方に暮れました。


藁にもすがる思いで

裏表紙のあらすじを頼りに

「あ」から本を買い

好きなように読み漁りました。


今でも50冊ほどが残っていて

たくさんのドッグイヤーがされています。 


捨ててしまった6割の本と

自分を激変させた4割の本。



不得手は

得手を伸ばすことが

往々にしてあります。


好き嫌いこそ

成長の原動力なのだと

しみじみ思います。