もう23年②

・・・

長々と3月11日のつづき。もしあの日、入試が行われていたら、地震のあった時刻はちょうど試験の真っ最中。想像するだけで身の毛もよだつ思いです

・・・



集合場所には800人ほどの受験生たちが、受験番号の描かれたプレートの前に並んでいました。

ここにいる人々が全員、絵を描くのか、、この中のから26人だけが選ばれるのかと思った時、ゾクゾクと少し震えた記憶があります。やる気と怖さの入り雑じった感覚でした。

現在は新たな科の設置に伴い、日本画専攻の募集は25人です。


プレートをダルそう持っていた数十名の藝大生を見て、訳もなくめちゃくちゃ腹が立ったことも覚えています。


プレートに誘導され、鉄筋コンクリート製の絵画棟を800人がゾロゾロと階段で登り、各階の試験会場へ向かいます。後にも先にも、この人数が実技の選抜試験を受ける光景は、ここでしか見たことがありません。


・・・

因みに、この絵画棟の避難経路は構造上校舎左右にあるこの階段のみ。とんでもない光景になっていたことは簡単に想像できます

・・・



試験会場は、日頃、絵画科の学生たちが使用しているアトリエ。受験番号が遅いほど校舎の上階になるので、八階、九階あたりまで階段で登った受験生達も居るはず。

薄暗い廊下に並ばされると順に点呼を取られ、入室を待ちます。

藝大美大の試験では出題されたモチーフを囲むように、制作するスペースが用意されていることが多く、その場合は入室時のくじ引きで席が決まります。

受験生にとって、入室時に初めて目に触れるモチーフと、自分の席の位置は、最大の気がかり。

実技試験には、平等とは言えない要素が必ずあります。運も実力のうちとは、よく言ったものですが、当人にはたまったものではありません。


この後、私は全く望んでいなかったくじ引きの結果に、呆然とすることとなります。

長い長い二日間の始まりです。