· 

天国さん

 

 


9月4日の名古屋豪雨
深夜から朝にかけての愛知~神奈川の洪水警報
そんなことになっていたとは知らず

愛車250TRで名古屋に出発した
5日11時に無事帰宅することになるのだけど

正真正銘

人生で一番のツーリングとなった

あちこちに見える積乱雲が

漫画の何に見えるなんて
ぼんやり考えていた東名高速
御殿場を前に

真っ暗な空色と

真っ黒な山々が広がった

 

思えば

あのときの怖楽しい感覚は

その後をしっかりと暗示していたように思う

10秒で口の中一杯に溜まる雨
千を越える稲光
エンジンと雨風を切る轟音
冷えきって感覚のない身体
飛沫で膨らんだ道の先を睨み続ける目
何の匂いも感じない鼻

六時間の帰路で

死に体と何も変わらない

私はただのカタチになった


五感が麻痺したその時から
天国を走っている気がした
本当に綺麗だった
本当に天国だった