荒井由実

若い頃や海辺、夏や冬を妙に思い出させる。多摩美日本画専攻卒なのはあまり知られていない。


あの日に帰りたい

 

 

泣きながらちぎった写真を

手のひらにつなげてみるの

悩みなききのうのほほえみ

わけもなくにくらしいのよ

青春の後ろ姿を

人はみな忘れてしまう

あの頃のわたしに戻って

あなたに会いたい

 

 

女性の気持ちを歌っているけれど

わたしにはその風景が浮かばないのが悲しい。

けれど、この声

けれど、この音

なんて落ち着くのだろう。

喫茶店にも海辺にも

夏にも冬にも合うハーモニー。

たまらない

 

 

 


チャイニーズ・スープ

 

 

煮込んでしまえば形もなくなる

もうすぐできあがり

 

 

21歳。

とんでもない。

多分まだ学生。

多摩美で日本画を描いていたはず。

そんな中この楽曲を書き上げている。

とんでもない音。

歌詞はやはり女心を描いていて

私だけ入っていけないのが悲しいが

古くならない音を紡いでる。

脱帽のメロディー

たまらない