平成26年

平成26年 · 2014/05/20
あるよく晴れた夕暮れ。 良い子と悪い子が 滑り台の下で 何やら企んでおりました。 袋一杯のベルマークで武器の欲しい悪い子が 黒い服を着てゴミを集めています。 街を綺麗にしたい良い子は 白い服を着てハサミを手に ジャギジャギと切り出しては ゴミをまとめます。 ゴミに付いた糖分で たいそう汚れても 企み通り、袋一杯のベルマークを手に入れて...

平成26年 · 2014/05/08
夕暮れ時の豊かさで ひとりワラビを採ってます 野山の隙間の崖下で 時間の経つのも忘れます 隣のお風呂の笑い声に 今日も真っ赤な夕日は似合う 夕暮れ時の寂しさには 重曹がよく似合います さておひたしで 乾杯しましょ

平成26年 · 2014/03/23
夢と現実の境目がわからないまま 過ごしたその時間は 自分がいなくなったような 忘れながら生きているような 彷徨う 吟ふ そんな言葉がふさわしいのでしょう。 逆さまで服を着たまま いつまでも長ネギをきざんだり 曲がりたかった道を通りすぎたり イライラできず 笑顔もできず まるで眠らない魚が泳いでおりました。 我が家には おはぐろ べんぞう ちこ...

平成26年 · 2014/02/20
関東は二度の大雪で覆われた。 一度目は 雨具を着て 手袋をして 早朝の駅で待った。 人々が傘をさした 少し白いが、いつもの風景。 しかし東京についた頃 私の格好は滑稽になる。 いつものカラフルなスタイルで 白い街を闊歩する人々の中を 歩くたび シャカシャカ音を出して 一回り着膨れした私。 それからも雪は降り続き 夕方には交通機関が 息を止めはじめた。...

平成26年 · 2014/01/30
坐骨神経痛からくる ふくらはぎの痺れは 猫背を治すのにはよい サインになっている 毎朝横須賀の灰色の軍艦を見ながら 姿勢を正し 空席のない車両で揺れている 地図で見ると デキモノのように 飛び出ただけの三浦半島も 東京まで道程は遠いものだ 去年の今頃は 妙に雪の白い印象が強いので 今年は穏やかな 黄色い日が多い気がする 横須賀に住んで約1年半...