おはなし三巻六頁

2150×1700
2150×1700

天狗風


梅雨らしい梅雨
夏らしい夏
 
雨の頻度や気温から
この季節を感じていたはずなのに
雨の量も
温度計の針が指す数字も
なんだかその枠を越えてしまって
緯度が変わってしまったような気持ちになります
 
懐かしい風が吹いていました
良い天気でした
洗濯をして
のんびりと洗濯物を見ていました
ゆらゆらと洗濯物が揺れてました
うとうと、と眠ってしまいました
 
目が覚めたときにはもう
絡まって
無くなって
壊れて
飛び散っていました
 
訪ねてきたのは
天狗でしょう