おはなし一巻  参頁

900×500
900×500

団地1

 

染み付いた風景
団地で生まれ団地で育った私には
19歳までその2DKの間取りが全てだった
同じ造り
同じ風景

『ただいま』
と鉄製の扉を開けると知らない人が
『おかえり』
と自然な返事をくれたおかしな夢

 

100棟ほどある白いコンクリート製住居のなかの自分のその1棟が解らなくなる夢

 

よく見た夢たち

向かいの27号棟には様々な人が住んでいた
外国人
すぐ怒る老人
若い夫婦…

ここで過ごした時間はまだ私の半分以上を形成している

沢山のものと出会いたい

 


900×500
900×500

団地2

 

日本語じゃなかった
顔も
性別も
コロコロと変わっていた


900×500
900×500

団地3

 

すぐ怒るんだ

ここの人
少しだけ社会的にも理解できない部分があったけど
たまに笑ってた


900×500
900×500

団地4

 

若い夫婦が住んでた

喧嘩もしていたな
笑い声もしてたな


900×500
900×500

団地5

  

いつもいないんだ
この家