おはなし四巻 壱頁

A4
A4

鴇色平茸

朱鷺(とき)の羽の色に似ていることから

「朱鷺色平茸(トキイロヒラタケ)」と名付けられたとされている。

老菌は身はとても硬く、食用には適さない。

若くピンク色のものは、高値で売られる。


A4
A4

変ワリ初

名前の通り、様々な色の個体がある、色の違いで品種や変種に分けていることもある。

バター炒め、野菜炒め、天ぷら、すき焼き、けんちん汁などで食することができるが

成菌のほとんどはキノコショウジョウバエの幼虫により蜂の巣状態であることが多い。


A4
A4

匂イ輪乳茸

嘘のようだが、本当にカレー粉の匂いがするが、味はしない。

日本では食べる習慣はない。


A4
A4

土栗

湿乾に応じて開閉する。

キノコの晴雨計とも言われる。

触ると頂孔より粉状胞子塊を煙のように出す。